高陽コミュニティ 2020年1月開校!

完全不登校に特化したフリースクール「保田学園 共育プロローグ」は2020年1月、高陽町に高陽コミュニティを開校いたしました。

 

安佐地区を不登校ゼロの町にするために、何か力になれることがあればと思っております。

 

対象は現在学校に通うことが難しい状況の小学生・中学生・高校生。

見学会・教育相談・家族カウンセリング、随時受付中です。

 

保田学園 共育プロローグまでお気軽にお問い合せ下さい。

 

〒739-1734 広島市安佐北区口田4丁目1-1

 

TEL 0120-451-288

E-mail info@prologue-npo.jp

校長 保田隆からのメッセージ

いま、学校に行きたくない、死にたいと思っている人へ

フリースクール「プロローグ」
神村学園高等部 広島学習センター
校長  保田 隆からのメッセージ

明日がまた近づいてくると思うと苦しくなる。
そんな思いを誰にも言えなくて、一人もがいている人。
無理してでも行かないと・・・けど行けない自分なんていない方がいいと思い、自分を責めている人。


頑張らなくたっていいんだよ。そんなに自分を責めないで。


あなたはすごく頑張ってきたはず。すごく分かるよ。
学校に行くのが当たり前ではなく、学校に行かないと決めることも全然ありだよ。
ちょっと休んでみよう。
学校は命を賭けてまで行く所ではない!

世の中、社会はパズルのようなもの。
すべての人はピース。姿、形、考え方・・・
みんな違っているけどすべてはまる場所があり、ひとつでも欠けるとパズルは成り立たない。
この世に不必要な人間はいません。みんな生まれてきた意味と役割があります。
学校に行きたくない、死にたいと思っている人。今の環境で居場所がないなら行かなくていいんだよ。大丈夫。必ずあなたにはあなたの居場所があるから。必ず見つかるから。

私は36歳で教員として不登校になりました。
3年間、打ちひしがれた日々を送りました。人に会うのが怖い、一人でいるのも怖い。自信をなくして、精神的な病にもなりました。
でもその私に生まれてきた意味と役割を与えてくれたのが、当時引きこもっていた中学生の女の子でした。
私はこの子との二人三脚から、自分の居場所を見つけました。
いまの学校が居場所でなくても大丈夫。
いつでも会いに、話しにおいで。一緒に考えよう。

一日1ミリ、共に...


保護者のみなさんへ

子どもはお父さん、お母さんに心配をかけてはいけないと思って、お母さんの顔色を悪くしているのは自分のせいだと考え、自分の思いを言えずにいます。
そこをわかってあげて下さい。頑張らなくていいんだよ、しんどかったら休んでいいんだよと、声をかけてあげて下さい。
この子が生まれた時、健康で元気に生まれてきてくれただけでいいと思ったことを、思い出して下さい。
子どもから言うのを待つのではなく、子どもの心に寄り添い入っていくスタンスが大切だと思います。時にはダメなお父さん、お母さんの姿を見せたり、話しをしてあげて下さい。



プロローグ  (作詞・作曲  保田 隆)

頑張らなくたっていいんだよ そんなに自分を責めないで…

生きててくれてよかった 命さえあれば…

息絶えかけた我が子を抱きかかえる母親

人を信じることが恐くてできない

それでも逃げちゃいけないと 自分に言いきかせて

ここまで来たんだね

頑張らなくたっていいんだよ そんなに周りを気にしないで

川の流れを見てごらん それぞれにみんな違うだろう

そんなに急がなくていいんだよ 疲れたら休めばいいさ

君の人生はまだプロローグ そうさ始まったばかり

僕が生きている意味なんて 何ひとつないと…

泣き疲れて眠る君に「ごめんね」と寄り添う

いつも一人ぼっちで さみしかったよね

それでも負けちゃいけないと 心にカギをかけて

今日まで来たけど

強がらなくたっていいんだよ そんなに自分を縛らないで

流れる雲を見てごらん それぞれに形を変えてゆくだろう

間違っていたっていいんだよ 人生に答えなどないさ

不器用な生き方しかできないおとなが ほら ここにもいるだろう

頑張らなくたっていいんだよ そんなに自分を責めないで

時には自分のことをほめてあげよう もっと愛してごらん

自分を信じて進めばいいさ “一日1ミリ”でいいんだよ

君の人生はまだプロローグ そうさ始まったばかり…

2020年

3月

05日

共育農場

みなさんこんにちはフリースクールプロローグです。

 

本日は現在生徒たちと一緒に取り組んでいる共育農場についてご紹介させて頂こうと思います。

共育農場は、自然との触れ合いを通して自然の恵みに感謝する心を育むこと。

種から育て自分で収穫しそれを食べることで農作物の成長と共に達成感と同時に自己肯定感を育むこと、

農場や地域の方、他の生徒と作業を行う中で交わる力を育むこと。を目的として行っています。

今年の1月から高陽で共育農場をスタートし、種を植えられる状態にするために、生徒と共に農地の草を刈り、

転がっている石を一つひとつ手作業でのけて、牛糞や鶏糞等の肥料を土にまき、みんなでシャベルで少しずつ

何度も混ぜて土を作り、耕して畝や溝を作りと、 一から畑を作っています。

文章にすると2,3行の内容ですが、みんなでコツコツと作業を行い

2カ月あけてでやっと、種まきをすることができました!!

続きを読む

2020年

3月

04日

てづくり作品

みなさん、こんにちは

フリースクールプロローグです。

 

今日は前回行われたものづくり講座の様子をご紹介したいと思います。

講師の中田さん(元NHK・TSSのニュース気象予報士・気象庁職員をされていた、ものづくりの天才おじいちゃん!)に作り方を教わり今回は竹を使ったてづくりコマやけん玉を作りました。

 

続きを読む

2020年

2月

25日

ひそかなブーム

みなさん、こんにちは
フリースクールプロローグです。

 

最近、プロローグでひそかなブームになっているものがあります。

それはなんとこちらです。

続きを読む

2019年

11月

26日

今年の大空小学校交流会!!

みなさん、こんにちは
フリースクールプロローグです。

今日は先月行われた交流会の様子をご紹介したいと思います。

保田校長と大空小学校との強い絆により毎年行われています大空小学校との交流会!!
今年は保田学園共育学院の校舎で行いました。
交流会は、保田校長が0歳から100歳までの心の居場所作りとして数年前から取り組んでおり
異年齢交流を通して、異年齢の児童と同じ目線にたち・誘う・声をかけるなど、普段とは違う「交わる力」を育むことができます。

そして今回の交流会は生徒会が中心となって生徒たちで企画し準備を行った交流会でした。
内容として、折り紙で独楽作りや合唱の披露、みんなでできるゲームを考え当日までしっかりと準備をしていました。
生徒たちが考えた交流会のテーマである「みんなで楽しむ」は大空小学校の生徒はもちろんですが保田学園の生徒も準備する側、そして参加する側としても

全員で楽しんで交流することを目的としたもので実際に生徒たちは、折り紙の独楽作りでは折り方を説明しながらその合間に大空小学校の生徒と色んな話をすることを楽しんだり、


ゲームでは年齢を忘れて全力でゲームに楽しんで参加しました。


その後は、大空小学校から「宝島」の合唱があり、息の合った素敵な合唱を聴かせてくれました。
また保田学園の生徒も一緒に歌おうと誘われ皆で「Believe」を全員で歌いました。


そのお返しとして、保田学園の生徒は「パプリカ」の曲をダンスを交えて披露しました。
選曲の際にはこの曲「大空小学校の生徒は知っとるかな?」「知らんかったらどうしよう」と不安になっていましたが、
嬉しいことに曲が始まると保田学園の生徒と踊ってくれる大空小学校の生徒もいました!!
最後はなんと!!なんと保田校長生演奏の「BEATING HEART」をみんなで歌い皆で昼食を取り交流会を終えました。


最初は大空小学校の生徒と交流することを不安に思っていた生徒も、自身が心を開けば自然と交流でいることを知り、
交流会を楽しむことができていました。
他の生徒たちも交流会を通して普段授業では学ぶことができない事をたくさん感じていました。

 

一日1ミリ、みんなと共に...

 

NPO法人 共育ファシリテーション「プロローグ」

本日のblog担当:スタッフK

 

プロローグへのお問い合わせ、保田隆への講演依頼はこちらからお願いします。

 

校長のラジオ番組をぜひ聴いてください☆

「保田隆のHeart Beatラジオ」  RCCラジオ 毎週月曜 20:30~

「保田隆のLink with U」  広島FM 毎週金曜 21:00~

「保田隆のHeart Beatラジオ」  RCCラジオ 毎週月曜 20:30~
「保田隆のLink with U」  広島FM 毎週金曜 21:00~

2019年

11月

19日

高陽中学校講演会

みなさん、こんにちは
フリースクールプロローグです。

11月17日、高陽中学校 PTA文化行事「講演会」へ呼んでいただきました。

「歌う姿がメッセージ・生きる姿がメッセージ」というテーマの元、

全生徒・教職員の皆さん、集まられた保護者の皆様の前で、

保田校長が熱い熱いトーク&ライブを行いました。

 

講演前

バンドレッスンでお世話になっているミュージシャンの内海先生とリハーサル。

入念にチェックされていました。

 

1時間の講演時間でしたが、とても密度の濃い時間でした。

保田校長の人生を変えた「出会い」と「心に残っている言葉」。

バスケットボール部の生徒の話や、引きこもっていた少女の話などから伝わる

保田校長自身の生き様についてのメッセージは

高陽中学校の生徒だけでなく先生たちの心にも深く響いていたように感じました。

 

講演会終了時には沢山の拍手とお花をいただきました。

この度同行しましたスタッフ全員、保田学園 共育へ入った時の気持ちを思い出す

貴重な時間となりました。

高陽中学校の生徒・教職員・PTA・保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

 

保田校長への講演(トーク&ライブ)をご検討されている方は

保田学園 共育までご相談下さい。

 

一日1ミリ、みんなと共に...

 

NPO法人 共育ファシリテーション「プロローグ」

本日のblog担当:スタッフK

 

プロローグへのお問い合わせ、保田隆への講演依頼はこちらからお願いします。

 

校長のラジオ番組をぜひ聴いてください☆

「保田隆のHeart Beatラジオ」  RCCラジオ 毎週月曜 20:30~

「保田隆のLink with U」  広島FM 毎週金曜 21:00~