「プロローグ」のホームスクールについて

■ホームスクールとは?

子どもが学校に通うことなく、家庭や図書館、博物館、公園などの地域の施設を利用しながら学習し、それをおとながサポートしていく”子どもが主体”の「共育」の方法がホームスクールです。
基本的には親が子どもに対し指導を行いますが、様々な分野の指導を親だけで行うのがむずかしいことから、家庭教師や塾を利用したり、学校の授業や行事の一部に参加するケースもあります。

「プロローグ」では専門スタッフがご家庭に出向き、それぞれの状況、ペースに合わせて学習のサポートだけでなく、家族カウンセリングを含め、スモールステップへの導きを行っていきます。
ホームスクールの一番良い点は、子どものペースで学習ができること。欧米では義務教育の中のひとつの方法として、法的にも社会的にも認められ、ホームスクール選択する家庭が増え続けています。

◆「プロローグ」のホームスクール料金
自ら外に出ていくことの難しい、ひきこもり状態の子ども・親を対象に、定期的に自宅に出向く「ホームスクール業務」を行なっています。


・ホームスクール「プロローグ」
定期的にご自宅に訪問して、まずは外に出られるようになり、学校に通えることを目標にします。

 ●入学金¥20,000
 (※うち¥10,000はNPO共育ファシリテーション「プロローグ」入会金含む)

 ●週1回コース:月額¥50,000+遠隔地の方は交通費

 ●月2回コース:月額¥30,000+遠隔地の方は交通費

 ●月1回コース:月額¥20,000+遠隔地の方は交通費

  ※広島市近郊以外にお住まいの方はご相談ください。

■ホームスクールを経由して社会に出た先輩の声

清水十輝です。

今は弾き語りストリートミュージシャンをやってます。
ハーフとしてのキャラを生かして、洋楽オールディーズを主にカバーのレパートリーを増やしながら、バイリンガルでのオリジナル作詞作曲を心がける。
音楽がもたらしてくれる不思議な感動を人と分かち合いながら、まずはここ広島で人脈を広げていく試みでいる。
お金も知識も何もない僕は、元気いっぱい歌います!

 
僕のおもい:

一般の学校に通った事の無い僕は、小・中・高とずっとホームスクールで勉強を続けてきました。
学校がそれほど嫌だった訳ではありません。ただそれなりにホームスクールという教育の方法に僕もそして親も利点を見つけていたからでしょう。

一つ目の理由として、マイペースで人生を進めることができる環境というのはとっても大きいです。
今でもいつも実感しますが、″こうなければいけない″というわくにこの頃の社会でははめられ勝ちです。
他の人がそうだからそうする。

こうではなく、自分の思うように、思うときに物事を行う、正にマイペースで進んでいける環境は子供を急激に成長させます。自分で切り開いて行かなければならないからです。

勉強も苦手で学年とはかなり遅れた勉強をしている状況が多かった僕は、この環境があったため音楽に知り合うことができました。
音楽につぎ込みたいと決めた瞬間勉強もマイペースで進めることができるので、お尻に火をつけて飛ばし、高校一年の年で高等学校卒業程度認定試験を受かり勉強と呼ばれる勉強を終わらし、すぐ音楽活動に切り替えることができました。
このおかげで高校時代はひたすら音楽活動に励むことができました!

もう一つの利点は英語と日本語バイリンガルで勉強ができたことです。ネイティブ英語を使って教えてくれる、海外からの宣教師たちが先生で入ってくれました!
今でも、英会話のアルバイトをしたり英語の歌詞を書くなど、毎日の欠かせない宝となっています。

 

一般の学校がどうこう言いたいのではなくて、こうやって自分が進むべき道を、周りのわくにはめられずに、進むことは本当に大事なことだと思ってます。
それができる環境を僕に与えてくれたのがホームスクールです。
この感謝の気持ちだけは忘れずにこれからも音楽活動に明るいチャレンジ精神で挑んでいきたいと思います。

やって後悔はいいけど、やらずに後悔はするな!
何にでも挑戦してカラフルな人生描いていきましょう!

  【お問い合わせはこちらまで】  特定非営利活動法人 共育ファシリテーション「プロローグ」 担当:理事長 保田 隆  本部事務所:739-1732 広島県広島市安佐北区落合南1丁目10-9-901        TEL082‐843‐3072  FAX:082‐881‐0181